大規模太陽光発電

調査→認定取得→開発→建設→O&M

すべてBlueグループの企業が一社一貫した業務体制で請け負います。

  • デベロップ事業での豊富な経験と実績を活かし、グループ基幹企業の「株式会社 ブルーキャピタルマネジメント」が太陽光発電に適した最良の「土地」の選定をいたします。
  • 経済産業省からの設備認定、電力会社からの系統連系の承諾他、各種許認可も「株式会社 ブルーキャピタルマネジメント」が独自のルートでスムーズに手続き代行いたします。
  • 施工は下請けや他社に任せず、発電所の施工を専門とするグループ企業の「株式会社 Blue Power Construction」が、安全・安心をモットーに、一社一貫した業務体制で請け負います。
  • 設置後のO&M(Operation&Maintenance)、蓄電システムの導入に関しては当社「株式会社 Blue Power Energy」でサポートいたします。

O&M(運転管理・保守点検)

発電所の長期間安定稼働を支えます。

遠隔監視

遠隔でモニタリングし、稼働状態を確認します。発電状況や売電状況をリアルタイムに把握し異常時に備えます。

障害対応

補強施工含め故障部品の取り換えや、機器などの異常が発覚した場合には、技術員が駆けつけて早期復旧を行います。

定期点検

目視点検から機器による測定・検査まで、データを収集して異常がないかを調べます。

洗浄・除草

雨で落ちない汚れを落とすことで、パネルの焦げ付きやホットスポット化を防止し、発電量の低下を防ぎます。雑草対策を積極的に行い、雑草の影による発電量の損失回避を防ぎます。

大容量定置用蓄電池(ESS)

大容量定置用蓄電池(ESS)『Blue Power Battery』の生産・販売を行っております。

太陽光発電や風力発電は天候によって発電量が左右されますが、不安定になる出力を定置用蓄電池(ESS:Energy Storage System)が、吸収または補うことで安定した出力として供給できるため、再生化エネルギーによる発電の普及に伴い、その重要度は増しています。

バッテリー容量が2.2MWと大容量の『Blue Power Battery』は、家庭用から大規模発電所まで幅広く活用できるESSとなっており、運用案件も急速に伸びております。

TOP